Apple Watch でできる睡眠改善

Apple Watch でできる睡眠改善

2019年9月末にApple Watch 5の販売開始とそれに伴うApple Watch Series 3 の値下げ。

多くの方がApple Watchの購入、または購入の検討をしているかと思います。

Apple Watchをはじめとしたウェアラブルデバイスの用途として、ヘルスケアが挙げられます。

特に、Apple Watch では個人の睡眠分析と改善を行うことができます。

本記事はApple Watchを使って睡眠の質を高めたい人向けの記事です。具体的には、

  • Apple Watchでどのように睡眠分析ができるの?
  • 睡眠分析により改善をはかれるの?

という疑問に対する答えをお伝えします。

アプリで睡眠情報が丸わかり!

アプリで睡眠情報が丸わかり!

睡眠アプリを使えば詳細な睡眠データの取得・分析ができます。

最新の睡眠アプリは単なるデータの集計に止まらず、アドバイスも行ってくれます。

「AutoSleep」が特におすすめするアプリです。 

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します
AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します
開発元:Tantsissa
¥370
posted withアプリーチ

AutoSleepでは、睡眠時間や深い眠りの時間、心拍数などを自動で取得してくれます。

自分で睡眠時間を記録しようにも、ベッドに入ってから眠るまでタイムラグがあります。

アプリでは眠りに落ちてからの睡眠時間を確実に測定してくれます。

さらにAutoSleepは、睡眠預金という情報も提供してくれます。

睡眠時間を預金にみたて、睡眠時間が少ない時には、借金として返済するにはどれくらいの睡眠時間が必要かを教えてくれます。

睡眠不足の度合いを数字で示してくれるので、改善への実際の行動に移しやすくなります。

Apple Watchをつけて眠れるの?

Apple Watchをつけて眠れるの?

そもそも睡眠を分析するにはApple Watchを着用して寝なければいけませんが、睡眠に支障は無いのでしょうか?

筆者の体験談

筆者の経験になりますが、Apple Watchを着用しながらでも寝ることができます。

付属品のバンドを使用していますが、特に違和感なく眠ることができます。

着用したまま寝落ちする事もよくあります(笑)

しかし、ラバーベースのバンドなので夏場は蒸れてしまいます。

バンド変更で肌触りアップ

Apple Watchの特徴として、バンドを自分好みにカスタマイズできます。

睡眠用であれば、軽くて通気性の良いスポーツ用バンドがおすすめです。

様々な色のバンドを選ぶことができます。

充電するタイミングが重要

充電するタイミングが重要

活動していないスキマ時間で充電を

睡眠中もApple Watchを着用すると、いつ充電すれば良いのかという問題があると思います。

充電するタイミングとしては日常の中で活動していない時間帯で充電をしましょう。具体的には食事、入浴、パソコン、読書などのスキマ時間です。

Apple Watchは短い時間で充電を行えるので、スキマ時間を有効活用しましょう。

スキマ時間で充電は十分

スキマ時間で充電できるのかと疑問に思う方もいるでしょう。概算見積もりをしてみました。

Apple公式サイトでは、Apple Watch Series 5 が100%充電される所要時間は約2.5時間とされています。Apple Watch Series 3 は約2時間です。

毎食 30分で1日で1.5時間、入浴で30分、読書とパソコンで30分以上使えば2.5時間に達します。

スキマ時間でApple Watch の充電は十分であることがわかります。

最後に

ウェアラブルデバイスにより自動でデータの取得・分析が可能な時代になりました。

睡眠は人生で約 1/3 の時間を占めます。

睡眠の質の向上は、残り約 2/3 の時間を占める日中のパフォーマンスにも大きく影響を与えます。

Apple Watchで睡眠を操り、人生の質も向上させていきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました