読書はアウトプットが全て! 〜あなたの生活を変える究極読書法〜

読書はアウトプットが全て! 〜あなたの生活を変える究極読書法〜

読んだ本の内容が中々身につかない…

こんな悩みはありませんか?

それはあなたが読書をインプットに重きをおいているからです。

 

読書をアウトプット重視にすれば、内容をしっかり身に付ける事ができます。

何故なら、人間はアウトプットを通してこそ、記憶に残り体に染み込むからです。

 

本記事は読書におけるアウトプットの重要性やアウトプット方法ご紹介します。

本記事を読めば、あなたは読書を自己成長の機会としてメキメキ活用できようになります。

 

読書でアウトプットする意義

読書の後にアウトプットする意義

何故読書をするのか?

一般的な考えとして、読書 = 良いこと ですがそもそも何故読書をするのでしょうか?

  

著者の集大成であるノウハウ・考え方を学べる

本の中には、著者が自身の集大成としてノウハウや考え方をまとめた内容があります。

これを読めば、あなた自身が0からノウハウをためる期間をショートカットできます。

お金で時間を買うということです。

さらに、成功事例や失敗事例を学ぶ事ができれば、成功をたぐり寄せ失敗を回避できます。

 

他人の人生の学ぶべき経験をそのまま吸収できる。

だからこそ読書は大切なんです。

読書でアウトプットしない限り意味がない

読書はアウトプットしない限り意味がありません。

何故なら、人間の脳はインプットだけでは、記憶する事が難しい構造をしているからです。

 

また、記憶していてもアウトプットしない限り、あなた自身に変化を与えてくれません。

「本を読んで終わり」では、意味がないんです。

 

例えば、本で「早起きは健康」という内容をずっと覚えていたとします。

覚えただけで、行動を始めなければ早起きで得られる健康を享受できないのです。

 

私も以前、読書すること自体に満足してしまい、その後の行動を意識してませんでした。

だから、ためになる本だったことは覚えていても、詳細は忘れてしまってました。

 

読書でのアウトプットがあなたの人生を変える

読書でのアウトプットがあなたの人生を変えてくれます。

読書は著者の知識の結晶です。

読書でアウトプットを繰り返すほど、いろんな人たちの人生の学びを吸収する事ができます。

 

読書に年齢は関係ありません。

例え若くても、読書で誰にも負けない人生経験を持つことは可能なのです。

逆に老いていても、行動を始めるに遅すぎることはないはずです。 

読書を通した自己成長こそが、あなたの人生を変えてくれます。

 

では、具体的な読書のアウトプット方法を見ていきましょう。

読書のアウトプット方法

読書のアウトプット方法

読書の内容がしっかりと身に付くアウトプット方法について、ご紹介していきます。

 

事前準備:目標を決める

まず読む前にその本から「何を学びたいのか」をはっきりとさせておきましょう。

文章の書き方の本を読むなら、「良い企画書を書くため、この本からヒントを得よう」が一例です。

 

あらかじめ目標を決めておけば、あなたが得たい情報が明確になります。

そうすると、あなたの脳が得たい情報を、本からしっかりと拾って記憶してくれます。

 

これはRAS (Reticular Activating System:ラス)という脳が持つ情報のフィルタリング機能が活性化されるからです。

RAS (Reticular Activating System:ラス)については下のページでご紹介しています。

 

書く:「書を読む」でなく「読んで書く」

読書をアウトプットによって身につけるには、読書を「書を読む」ではダメです。

「読んで書く」ことを意識しましょう。

 

「読んで書く」と言っても段階的なレベルはあります。

簡単に始められるものからご紹介していきましょう!

  

「読んで書く」① 〜マーカーを引く〜

「読んで書く」①は、記憶したい箇所にマーカーを引く、です。

マーカーを引くだけでアウトプットのなるの?と疑問に思うかもしれません。

でも、マーカーを引くだけでも記憶に残り易くなるのです。

 

マーカーを引くという行為は、を使った触覚を司る動きです。

読む、は視覚を使いますが、それ以外の五感を使うほど脳が記憶し易くなるんです。

英単語を暗記するには、発音しながら紙に書いたい方が覚えられるのと同じ要領です。

 

一つ注意点としてはマーカーを引きすぎないことです。

本のあらゆる箇所に引いてしまうと、脳がどれが重要な情報か判別できなくなります。

1冊につき、3〜5箇所を目安としてマーカーを引きましょう。

 

「読んで書く」② 〜自分用感想文〜

「読んで書く」②は自分用感想文を書く、です。

感想文と言っても以下の項目を一文ずつ書くだけでOKです。

  1. 事前準備目標 (本から何を学びたいのか)
  2. 気付き (本から何を学べたのか)
  3. これからの行動 (本がどんな自己成長をもたらしたのか)

 

言語化することで、あなたが得た学びや、どう自己成長につながるのかがはっきりします。

自分用感想文を書くことで記憶に残り、行動に移しやすくなります。

 

最初は各項目は一行だけで良いです。

慣れてきたら行数を増やしていきましょう。まず本を読んだら感想を書く事が大切です。

感想文を書く事は全く負担にならないのがベターです。

 

私の例をご紹介します。

山口拓朗氏の 伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 を読んだときの感想文です。

  1. 事前準備目標:読む人に共感を持ってもらえる文章の書き方を知りたい
  2. 気付き:書き手は読み手の反応を「予測する」のでなく、「決める」
  3. これからの行動 :読み手のニーズや文章を深堀し、反応を自分が「決める」

という感じで読書のアウトプットから、具体的な行動までつなげるように書いています。

 

サンプルとして紹介した本は以下にあります。

 

「読んで書く」③ 〜Twitterに書く〜

「読んで書く」③ はTwitterに書く、です。

Twitterは読書感想文を書くのにとても適しています。

文字制限が140字であるため、1冊1ツイートの感想文で無理なく書くことができるからです。

 

さらに、文字数を抑えるため、本の要点を絞る必要があります。

そのため、インプットの精度が高まる上に、思考力のトレーニングもできるメリットがあります。

 

もう一つのメリットはSNSであるため、他の人に見られるという点です。

いい感想文を書けば他の人からいいね やリプライがもらえます。

良いリアクションをもらえたらめちゃ嬉しいですね。

 

また本を読み、もっといい感想文を書くモチベーションになり、アウトプットの質が上がります。

質が上がればさらに多くのいいねがもらえます。

このような感じで、最高のスパイラルに入ることができるというわけです。

 

話す:身近な人に口コミする

読書のアウトプットとして、人に内容を「話す」こともオススメです。

話し相手は、友人でも同僚でも誰でも構いません。

読書した本を「話す」ことで、内容を思い出し、復習効果が得られます。

 

また、「話す」ことはあなたの話を聞く相手にもメリットがあります。

あなたが本の良い情報を伝えてくれるからです。

当然相手も喜んでくれますし、それがあなたのモチベーションにもなります。

 

読書のアウトプットするベストな頻度は「10日間で3回」!!

読書のアウトプットする時間を捻出するには

読書のアウトプットするベストな頻度は、「10日間で3回」です。

脳はインプット情報を短い間だけ記憶するか、長い間記憶するか振り分けを行ってます。

短期間に複数回アウトプットすると、あなたの脳が、「何度も出てくる情報だから、重要なんじゃね??」と長く記憶すべき情報と認識にするわけです。

 

脳がずっと記憶してくれるよう、アウトプットする最適な頻度が10日間で3回というわけです。

期間や回数は多少ずれても大丈夫です。

上でご紹介したアウトプット方法を照らし合わせると下のようなパターンがオススメです。

1回目:本を読みながらマーカー/メモを記入する

2回目:読了後 2〜5日後に自分用感想文を書く

3回目:読了後 6〜10日後にTwitterに書く/人に話す

いろんなアウトプット方法を行えば脳も活性化しさらに記憶の定着度がUPします!

 

読書はアウトプットが全て! 〜まとめ〜

読書をアウトプットすれば、習慣・行動が劇的に変わっていきます。

読んだ分だけ自己成長できるんだから、自己投資は是非、本に使ってみてください。

読書のアウトプットで人生の質をUPさせていきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました