三日坊主をたった三日で克服!【続けることに悩むあなたに】

三日坊主をたった三日で克服!【続けることに悩むあなたに】

思い立った計画や習慣がいつも三日坊主になってしまう….

よくある悩みですよね。

私自身も計画を立ててはドロップアウトし、繰り返す無限ループを描いていました 笑

 

この記事では以下の話をご紹介していきます。

  • 何故三日坊主になってしまうのか
  • どうすれば坊主を克服できるのか

私も後でご紹介する克服法を実践したところ、昨年から下の行動を続けられています。

  • ブログ (毎月5記事を投稿)
  • 読書 (毎月5冊を読了)
  • ウォーキング or ランニング (毎月20km 運動)

習慣とする事ができれば細かなやり方を工夫して活動量を増やせます。

この記事を読んで三日坊主とおさらばしましょう!!

なぜ三日坊主になってしまうのか?

なぜ三日坊主になってしまうのか?

そもそも三日坊主の由来は?

簡単ですが、三日坊主の由来についてお話します。

昔は人生でとても辛い経験をした時は出家してお坊さんになる人がよくいました。

古典で失恋して出家した、というお話とかありますよね。

 

お坊さんになるには厳しい修行に耐えなくてなならず、だいたいの人は結局三日ほどの短い間で挫折してしまうんだそうです。

そこから三日坊主という言葉が生まれたとされます。

今も昔も計画をドロップアウトしてしまう事はよくあったんですね笑

三日坊主になってしまう理由

三日坊主になる理由をご紹介します。理由を理解すれば克服できる対策を立てられます。

みていきましょう。

三日坊主になってしまう理由その① 〜モチベMAX状態で計画するから〜

三日坊主になってしまう理由その①はモチベMAX状態、いわゆる「無敵状態」で計画してしまうからです。

ダイエットや資格試験など、始めよう思い立った瞬間が一番モチベが高いです。

 

そのため、無敵状態の基準で計画を立ててしまうため、無理があり苦しくなっていくのです。

計画を立てた当日は無敵状態のため、ノルマも達成してしまいます。

その成功体験が逆効果となり、計画に無理がないかを見つめ直すチャンスを奪ってしまうのです。

 

計画を立てる行為はもちろんいいことなんです! 具体的な立て方は克服法でご紹介します。

三日坊主になってしまう理由その② 〜脳が敵になってしまう〜

三日坊主になってしまう理由その②は脳が敵になってしまうからです。

脳が敵に!?そうなんです。

 

どういうことかと言うと、人間の脳は何かをやろうと思った時に、5秒経つとやらない理由を考えてしまうのです。

これはあなたがやろうとした事が失敗しないよう仕向ける、ある種の防衛本能です。

そもそも行動を起こさなければ失敗しないため、脳が行動にストップをかけるわけです。

そのため、行動を起こそうとするあなたを脳がストップをかけてしまいます。

三日坊主の克服法

三日坊主の克服法

それでは、克服法についてご紹介していきます。

次の章で具体的な例をお出しするのでここでは方法のみお伝えします。

三日坊主克服法① 〜やるべき事を明確にする〜

目標を立てたら、達成までの細かな計画を立てましょう。

何故かというとマゴマゴしている内に脳による行動のストップが発動するからです。

計画を見て「今日はこれをやることになってる。」→ 「やるか!」この間1秒未満です。

そのため計画は細かく区切るのが良いでしょう。

ただ、1日単位で区切ってしまうと達成できない日も出てきます。

その時は 三日坊主克服法③ を使うか、週単位のスケジュールで区切るのが良いでしょう。

三日坊主克服法② 〜行動契約を使う〜

三日坊主克服法① を用いてもどうしてもやらない理由を見つけてしまう事もあります。

その時はそこから「強力なやる理由」を覆いかぶせて行動する方向に倒していきます。

「強力なやる理由」を作る方法として「行動契約」があります。

 

「行動契約」とは、行動しなかったらペナルティを科す契約です。

行動契約を自らに科すことで、ペナルティを回避するために行動できるようになります。

三日坊主克服法③ 〜やらなかった時のマインドセットを持つ〜

立てた計画をどうしても実行できない日もあります。

いきなり誘われた飲み会、風邪、やるのを完全に忘れていた笑 など….

計画通りに進まなかった時はどうするか、はあらかじめに考えておくべきです。

 

自分を責めてしまうと、「自分はできない奴なんだ…」と思い込み、脳が新しい「やらない理由」を作ってしまいます。

「計画通りに進まなかった時の計画」を事前に立てておきましょう。

三日坊主を三日で克服!

三日坊主を三日で克服

三日坊主を三日で克服する事ができます!

例として私がネットワークスペシャリストという資格試験を受けるために実践した内容をご紹介します。

三日坊主を三日で克服! 一日目 〜やるべき事の明確化〜

一日目は三日坊主克服法① にのっとり、まずは計画を立てましょう!

ネットで自分と同じ目標を持って達成した人の作業量を参考にしてみましょう。

計画通りに進んだけど、目標が達成できない可能性を減らす事ができます。

 

その次に計画を週単位の行動に小さく区切っていきましょう。

私の例だと、合格体験記で参考書を3周読んで、問題集を解きましたと書いてあったので、

  • 目標が達成される日を設定 (例:試験日)
  • 目標を達成するための作業を把握 (参考書を3回読む・解く)
  • 逆算して毎週の目標を設定 (毎週参考書を70ページ進める)

という具合に計画を立てます。週単位の作業は1、2日ほど余裕を持たせて下さい。

予想外のスケジュール(飲み会、体調不良など)でも立て直せるようにするためです。

三日坊主を三日で克服! 二日目 〜行動契約の活用〜

二日目は、三日坊主克服法②にのっとり、「行動契約」を契約を活用しましょう!

私は友人に「ネットワークスペシャリストに合格できなければ2万円あげる」と約束しました。

私

今度資格試験受けるから、受かったら預けた1万円返して。

友達
友達

1万円はでは預かれんわ。2万だったら預かるわ。

私

え、ちょ….なら2万円預けるわ..汗

という感じで友人と行動契約を結び、資格勉強をしなくてはいけない状況にしました。

友人の後押しもあり(???)資格試験に合格することができました 笑

 

友人に頼まずとも、SkickK.com というWebサービスを利用すれば行動契約を結ぶことができます。

SkickK.com では週一で状況を報告する必要があります。

そのため、日頃からしっかり行動を起こさなくてはいけません。

ペナルティを受けると指定した団体にお金を払うことになります。

三日坊主を三日で克服! 三日目 〜失敗時のマインドセット〜

三日目は、三日坊主克服法③ にのっとり、計画がうまくいかない時のアクションをあらかじめ考えておきましょう。

私はあらかじめ、計画がうまくいかない時は以下のように考えるよう準備しておきました。

・不可抗力で行動できなかったのはしょうがない。

・一日できなかっただけで目標の達成への状況には変わりない。

・振り返りアクションをしているという「成長」に目を向ける。

うまくいかないことに対してポジティブに受けとることにしましょう。

脳にやらない理由を作らせてはいけません。絶対に防ぎましょう。

三日坊主をたった三日で克服!〜まとめ〜

いかがだったでしょうか??

まとめると三日坊主は以下の3ステップで克服する事ができます。

  1. すぐに行動に移せるよう行動を細かく区切る。(やるべき事の明確化)
  2. 他人に計画を宣言する事で退けない状況を作り出す。(行動契約の活用)
  3. うまくいかない時の心理状態への対策を立てる。(失敗時のマインドセット)

この記事を読み終えた事で、あなたはもう三日坊主とはおさらばです。

これからは三日坊主ではなく、一生坊主を目指していきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました