【2019年11月合格】たった4記事でGoogleアドセンス審査一発通過

Googleアドセンス一発合格

ブログ運営を行っているほとんどの人が通る道であろうGoogleアドセンス審査。

先日、Googleアドセンス審査をたった4記事で一発通過しました。

本記事ではGoogleアドセンス審査通過に関する情報を発信します。

具体的には、Googleアドセンス審査基準とブログ執筆で強く意識した事をご紹介します。

ブログを始めたばかりで、これからGoogleアドセンス審査通過を目指す方や合格できずに悩んでいる方にご参考になれば幸いです。

審査通過時の情報

審査合格時の情報

Googleアドセンス審査通過時の記事数は4つ、1記事あたりの文字数は約1650文字でした。

内訳は以下の通りです。

① プロフィール 2037文字

② ヘルスケアを120%利活用する方法  1786文字

③ 確実に早起きする方法  1431文字

④ 秒で眠れる習慣  1358文字

つまり、1500文字以上の記事がたったの4つで合格する事ができた事になります。

ブログ活動は開始から20日程度です。

特筆するようなライティングの知識・経験はありませんでした。

「有益」な記事の定義

ユーザ目線で有益なコンテンツであるかはGoogleアドセンスの正式な審査基準の一つです。

多くのサイト運営者様からいただく質問の一つが 「AdSense をよりビジネスに活用するためには何をしたらよいのか」 ということです。正解は 1 つではありませんが、ユーザーの利便性を考えた質の高いコンテンツを作成することをお勧めします。

引用元:プログラムポリシー: 質の高いサイトを作成するためのヒント

ブログを読む人の多くは何らかの「解決したい事・知りたい事」などのニーズを抱えており、それを満たすためにインターネットを活用します。その過程でブログを読む事があるでしょう。

ニーズを満たすという目的を持ってブログにアクセスしてくるため、読み手のニーズを満たす記事が「有益」な記事となります。

読み手のニーズを満た記事である事がGoogleアドセンス通過の重要な要素となるのです。

「有益」な記事の書き方 ① 読み手の気持ちを考える

あまりに愚問かもしれませんが、「読み手の気持ちを考える事」が一番大切です。

文章は書き手の独りよがりになってはいけません。

記事を書き上げた後は「読み手を置き去りにしていないか」、「誤った捉え方をされないか」という観点で推敲します。

また、推敲のタイミングにも注意します。夜は比較的感情が昂りやすいため、朝か昼にもう一度チェックして投稿します。

「有益」な記事の書き方 ② 情報が網羅的になる記事構成とする

読み手はニーズを満たすためブログを読む事を述べましたが、ニーズには「潜在的なニーズ」も含まれています。

ブログを読む事で「潜在的なニーズ」もで満たすには網羅的に記事を構成する事を意識します。

以下、自分のブログの記事構成を例に挙げます。

秒で眠れる習慣 ではすぐに眠り就きたいニーズを持つ人向けの記事です。そのニーズを持つ人は睡眠関連のニーズを持っているため、早起きしたいニーズも持っている可能性が高いです。

潜在的なニーズ向けの記事として、 確実に早起きをする方法 を用意しています。

網羅的に記事を構成する事で、読み手の潜在的なニーズも満たせるより「有益」なコンテンツになります。

最後に

Googleアドセンス審査通過を受け、早くこの記事を書き上げようと思いました。

自分のようなブログを始めたばかりの人にも審査に通過して欲しいと思ったからです。

ブログを続けるにはしっかりしたモチベーションを持つことが不可欠です。

この記事で審査に奮起する方や、ブログを初めてみたい!と思って頂ける方がいればうれしいです!

タイトルとURLをコピーしました