ジャムの法則を知って防ぐ! 〜「無意識」な先延ばしを防ぐ〜

ジャムの法則を知って活かす! 〜「選択肢」が生むメリデメとは?〜

「ジャムの法則」について知っていますか??

「ジャムの法則」とは一言で、

「人間は選択肢が多いほど決定を先延ばしにする」

と言う法則です。

基本的に選択の先延ばしはタイムロスです。

にもかかわらず、「ジャムの法則」についてや、それをどう日常に活かすか、

という事について知っている人はとても少ないです。

そのため、無意識に選択の先延ばしをしている可能性があります。


本記事では「ジャムの法則」が指し示す意味と、日常生活をより良くするヒントをご紹介します。

本記事を読んで、「ジャムの法則」による「無意識な先延ばし」を防いでいきましょう。


ジャムの法則とは?

ジャムの法則とは?

ジャムの法則はコロンビア大学のシーナ・アイエンガーの実験によって発見されました。

ジャムの法則の発見前は、通説として「人間は選択肢がより多いことを好む」とされていました。


しかし、ある実験によってその通説が覆されることになります。

シーナ・アイエンガーの実験

シーナ・アイエンガーの実験

コロンビア大学のシーナ・アイエンガーは脳の処理能力と選択する決断力の関係を調べるため、

以下の実験を行いました。

  1. スーパーの試食コーナーでA.24種類 B.6種類のジャムを用意する
  2. A、Bそれぞれの試食コーナーへの来客数を数える
  3. 試食コーナーの来客者にジャムに使える1ドルクーポンを渡す
  4. A、Bそれぞれで最終的にジャムを購入した来客者の割合を確認する

実験結果は以下の通りになりました。

①最終的にジャムを購入したのはAで3% Bで30

②全来客者のうち試食コーナーにきた人の割合はAで60% Bで30%

実験結果から、

選択肢が多い方が人は魅力的に感じるが、選択の決定を行わない」ことがわかりました。

これが「ジャムの法則」です。


選択肢は多いほどいいですが、いざ提示されると何を選択すれば良いのか、

他に良い選択肢はないのかを考えてしまい決断に至らないのです。


ちなみに私も「ジャムの法則」について経験があります。

ちょっと前に友達とヨドバシカメラでボードゲームを買って遊ぼうという話になりました。

新宿のヨドバシに行ったのですが、壁一面にボードゲームが並べてありました。

あまりに色んな種類があって、どれで遊ぶか決めかねて、

結局遊ぶ時間がなくなってしまいました(笑)


あくまでこれは一例ですが、「ジャムの法則」は日常のそこかしこで出くわす法則なのです。


マーケティングへの活用

マーケティングへの活用

「ジャムの法則」はマーケティングに多く活用されてきました。

Amazonでは多数の商品を紹介しつつも、ユーザが「ジャムの法則」に囚われないよう、

レコメンド機能で選択を絞らせています。


このように、品揃えの豊富さを集客の目玉としつつも、

選択(商品の購入)を先延ばしにされるのを防ぐために、

レコメンド機能で選択肢を絞る方法がマーケティングで用いられています。


こういう機能の裏側に「選択」のカラクリがあるって面白いですよね。


ジャムの法則を日常生活で生かすには

ジャムの法則を日常生活で生かすには


「ジャムの法則」とマーケティングの関係はネットよく取り上げられている話なので、

ここでは「ジャムの法則」と日常生活の関係をまとめる事で、

QoL(生活の質)を上げる工夫をご紹介していきます。


選択の先延ばしはタイムロス

選択の先延ばしはタイムロス

「ジャムの法則」はネガティブな法則です。

選択肢の多さに囚われてしまっては、選択するまでに時間がかかりますし、

選択そのものを先延ばしにしてしまう可能性もUPしてしまいます。


これは生活の中で大きなタイムロスになってしまいます。

「塵も積もれば山となる」で長い目で見ると人生の貴重な時間を削りかねません。

そのため、日常生活で「ジャムの法則」に囚われやすい場面と、

法則を脱する方法をご紹介していきます。


ジャムの法則を日常生活で生かす ~商品の購入~

ジャムの法則を日常生活で生かす ~商品の購入~

「ジャムの法則」の実験でも「商品の購入」が舞台でした。

あなたも日常の色んなタイミングで商品を購入する場面があるはずです。

その時に以下の方法で「ジャムの法則」から脱することができます。


簡単な例として日本酒の場面を取り上げましょう。

日本酒専門店に行ってあたり一面に日本酒がある店内で、

一つ買う場面を想像して読み進めてみて下さい。


選択できる知識を持つ

日本酒は色んな銘柄があります。

獺祭、久保田、八海山 、写楽、而今、十四代、春鹿….

日本酒を始めたばかりだと、「うわぁ〜」てなりますよね(笑)


しかし、日本酒に関する知識をあらかじめ持っていれば選択の決断がしやすくなります。

獺祭や久保田はフルーティ、八海山はキリッとしている(あくまで筆者の感想です)

などを知っておけば、どんな味の日本酒を飲みたいかで選択肢を狭めることができます。


目的や方針をあらかじめ持つ

あらかじめ、選択に対して目的や方針を持っておけば

選択肢の多さに圧倒されることがなくなります。


「日本酒は初めてだから、値段はお手頃がいい!」という方針や、

「高くてもいいから美味しい銘柄を飲みたい!」

という目的をしっかり持っておくと「ジャムの法則」から脱することができます。


専門家にアドバイスをもらう

専門家にアドバイスをもらうのも有効です。

専門家に聞けば、自分で頑張って知識をつける必要もありませんし、

あなたのニーズを上手く汲み取ってくれます。


日本酒に限らず、信用できる専門家がいれば尋ねない手はないです。


ジャムの法則を日常生活で生かす ~Todoリスト~

ジャムの法則を日常生活で生かす ~Todoリスト~

続いてTodoリストについてです。

仕事や家事などでTodoリストを作っても、やるべきことが多すぎる状況がよくあります。

そんな状況を想像して以下を読んでみて下さい。


カテゴリーを事前に作る

Todoリストにやるべきことを書く前に、カテゴリーを考えて下さい。

カテゴリーの中身は何でも良いです。(優先度別、仕事or家事など)

1カテゴリー内ですべきことが8個以上にならないことを目安にして下さい。


カテゴリーに沿ってやるべきことを分類すると、選択肢が整理されるため、

何から手を付ければ良いか、決断しやすくなります。


スケジュールに埋め込む

あらかじめ、やるべきことをやる時間を決めていくと、選択するプロセスを省略できます。

そうすることで、選択に悩まさせれることもなくなります。


例えば休日で、平日にたまった色んな家事をこなす時に

10:00 洗濯 11:00掃除 15:00買い出し

などスケジューリングを行っておくことで、

時間に応じてそのまま行動することができます。 


思いついたらやる

追加でやるべきことが、頭の中に思い浮かんでくることがよくあります。

公共料金の支払い、免許の更新、靴磨きなど…


思い浮かんだ時に、すぐに着手でき、すぐに終わるTodoはそのまま終わらせた方が良いです。

公共料金の支払いは今すぐできて、すぐに終わるので

Todoリストに追加せずとも、すぐに実行できます。


いちいちリストに残して後にやろうとすると、

やるべきことが増える = 選択肢が増える のでズルズル後回しになってしまいます。


思いついたまま、できる事はさっさとやった方が後悔しません。


ジャムの法則についての本紹介

ジャムの法則など「選択」についての考察について知りたい方は以下の方がおすすめです。

ご興味のある方は是非読んでみて下さい。


ジャムの法則 〜最後に〜

いかがだったでしょうか?

知らず知らずのうちに、「ジャムの法則」によって選択が先延ばしにしているかもしれません。

選択肢が多い時は、ちょっとシビアに物事を考えてみて下さい。

そうすれば、「ジャムの法則」に囚われずに済みます。

スムーズな選択を行って、時間を大切にしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました